東大発 Fintech ベンチャーがグローバルマーケットへ拡大加速

2016年8月1日 株式会社ナウキャスト(本社:東京都千代田区、代表取締役:今井聡)は、2014年設立の東大発Fintechベンチャーの株式会社Finatext(本社:東京都千代田区、代表取締役:林良太)と経営統合し、戦略的にグローバルビジネスを拡大いたします。




今回の経営統合によりナウキャストは、Finatextの持つ個人投資家を中心とした膨大なデータ量・資産運用分野におけるサービス構築の強みを活かし、日経CPINOWの新しい指標や独自のアルゴリズム等を開発、また資産運用分野での新規ビジネスの展開をしてまいります。さらに、これらを世界中で提供することにより、グローバルマーケットにおいて成長を目指してまいります。

今回の経営統合後、ナウキャスト創業者である渡辺努(現: 東京大学大学院経済学研究科教授)は共同創業者として引き続き会社の運営・研究に関わってまいります。また日本経済新聞社とは現在の資本・業務提携関係の下、引き続き商品開発協力・サービス運営協力を継続して参ります。
-------------------------------------------------------
◆株式会社ナウキャストについて
ナウキャストは「経済の“今”を知る」ことが出来る世界の実現を目指し、ビッグデータ解析により、消費者物価指数を始めとする経済統計のリアルタイム化、企業の経営戦略の見える化を行う東大発ベンチャーです。東京大学経済学研究科渡辺努研究室における『東大日次物価指数(現:日経CPINow)』プロジェクトを前身として2015年2月に設立されました。現在リアルタイム統計データベースサービス『日経CPINOW』を展開し、国内外230社以上の金融機関、シンクタンク、政府、政府系金融機関、海外ヘッジファンド等の資産運用、経済調査業務を支援しています。

◆株式会社Finatextについて
2014年設立の東京大学発Fintechベンチャー企業。金融に関する豊富な知識・経験を基盤に、それを誰にでも分かりやすいUI/UXに落としこみ、非常に短い期間で開発を行う技術力を持ちあわせております。モバイル金融サービスの開発・企画・運営に強みを持っており、日本一株予想の集まるアプリ『あすかぶ!』やFXアプリ『かるFX』、投信選びをサポートするアプリ『Fundect』、そして独自の投資信託のデータベースである『AssetArrow』を開発・運営しております。また、2015年度に行われたマレーシア最大の銀行Maybank主催のFintechコンテストにおいて日本企業で唯一選抜され優勝するなど、グローバル展開も注力しております。

◆新体制の事業説明会
海外戦略や、今後の新サービスなどの発表も含めた新体制の事業説明会を9月7日(水)夕刻に都内にて開催する予定です。

Mugunthan Malai Rajan